給水管引き直しパート①

2020.08.07 Fri

皆様こんにちは。

この度のご依頼は受水槽からいつもチョロチョロ音が聞こえていつもメーターが少しずつ回っているので、水道検針の方から『漏水していませんか?』と指摘されることが度々あります。尚、時々水が出なくなることもあり、困って色々調べて弊社に指名頂きました。

さっそくお伺いして調べてみると、受水槽に給水される量が著しく少なく、満水になるまでにかなりの時間を要するものでした。

まずはボールタップを疑って調べてみましたが、錆水がひどく出てくるので、これは給水管(ライニング鋼管)の内部全体で錆が発生し、水の流れを阻害しているという結論に至りました。

工事の規模を後日改めて担当部署の責任者様と打ち合わせさせて頂くということで、本日は終了いたしました。

後日の工事はパート②へ続きます・・・

ビルトインコンロ交換

2020.07.28 Tue

皆様こんにちは。

この度も閲覧頂きありがとうございます。

さて、今回はもともとは蛇口の水漏れでお伺いした現場で、無事蛇口交換を済ませ、お会計時、雑談の中で流し台の横に埋め込まれている、ガスコンロの汚れと、点火不良のご相談を受けました。

ご使用になられてから早12年ということです。

現代は大量生産、大量消費の時代と言われて久しくありまして、こういったものも修理よりは交換のほうがお安くなります。

そこで当社の迅速で丁寧な、対応をさせていただくことになりすべて丸ごと交換させて頂くことになりました。

善は急げということで、毎度ながら即刻品物を手配し交換工事に入りました。

2番目の写真は既存のコンロを外した様子です。

窪みの下に見えるブルーの布は養生の為のブラケットです。

比較的問題もなく、想定時間よりも早く完成させることが出来ました。

ご覧の通り、ゴトクも新しくなりまして、表面もガラストップになり、掃除もしやすくお客様も大喜びでした。

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

次回もよろしくお願い致します。

ユニットバス簡易リフォーム

2020.06.19 Fri

皆様、今回も弊社ブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、今回はかなり旧式のユニットバスに付属する混合水栓の水漏れにお悩みのお客様から相談のお電話を頂きました。

さっそく現場に急行してみると、ご覧のようなノスタルジックなタイプのシャワーシステムでした。

廃番から優に10年以上経過しているであろうことは想像に難くありません。したがって、修理は不可能です。

このソリューションとしては、思い切ってこの部分を差し詰め外科手術のように切除し最新壁出し混合栓を移植します。

ご覧のようにすっきりとし、明るい印象になりました。お客様も大喜びです。

今回も我ながら納得のいく仕事ができ、充実感一杯で現場を後にしました。

今回のご報告はこれをもって終了いたします。最後までご覧いただき、ありがとうございます。次回も宜しくお願い致します。

シャワートイレ一体型便器からセパレート型便器へ

2020.06.18 Thu

今回は、ご覧のようなシャワートイレ一体型トイレをお使いのお客様からトイレタンク内水漏れのご依頼を承りました。

拝見してみると、約20年前くらいのもので、廃番からすでに7年以上経過しております。 従いまして、部品交換での修理は難しく最新型の便器に交換するご提案を申し上げました。

提案の品はおなじみのTOTOピュアレストQRの便器タンクセットに壁付リモコンのウォシュレットの3点セットです。

このように一体型からセパレート型にするメリットとしては、例えば先々ウォシュレットが故障し、修理が不可能になった場合やデザインに飽きてしまった時など、この部分、つまりウォシュレットだけを比較的安価で手軽に変えられます。

一体型だとこのような場合一体となったタンクとウォシュレットを変えなければならず、比較的時間と費用を多く要してしまいます。

こちらのお客様にも、このメリットとピュアレストQRのいくつかのセールスポイントをお勧めし、しっかりとご納得していただいたうえで施工いたしました。

ちなみに、スピードと丁寧な作業を売りにする弊社ではご決断頂いてから、即刻その場で作業開始いたします。

作業所要時間はこのお宅の場合2時間くらいでした。

お客様は取り付け終えた便器をご覧になってこれまでの陶器の表面とは比べ物にならないくらいほどの、輝き具合に感動されていました。

これは最近の焼き付け塗装が昔に比べ進化した結果であることを私はひそかに知っております。

今回も弊社ブログをご覧になっていただき、誠にありがとうございました。

次回もぜひ宜しくお願い致します。

事務所清掃

2020.05.25 Mon

こんにちは。ご来訪誠に有難うございます。

コロナ渦もやや小康状態を見せ始めた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

当社も少なからず、騒ぎの影響を受け、例年比に比べ依頼状況は落ち着いております。そのような折、これを良いチャンスととらえ、以前から気になっていた事務所照明器具の掃除を手掛けることにいたしました。

実際蛍光灯を外してみると、いわゆる傘となる反射板を近くで見ると黒く煤けた状態でありました。

実際半分拭き取った状態の画像を見て頂くと汚れの様子がお分かりかと思います。

やりだすとついつい夢中になってしまい、半日があっという間に過ぎてしまいました。

結果、事務所は見違えるほどの明るさを取り戻し、まるで明るい未来を象徴するようで、独りほくそ笑んでしまいました。

通常業務とは異なりますが、こんな1日もあることをご紹介いたしました。

今回もご覧頂き誠に有難うございます。次回も宜しくお願い致します。